◆先ずはアプリコット・オレンジのバラから

昨日の暑さで、庭のバラが一気に先進んできました。

最初に満開になったのはバフ・ビューティー。

背景に写せないものがあるので、誘引の一部分ですが……。

和風の建物にも馴染んでとても素敵。

オレンジ、アブーリコット、白バラでまとめたアプローチの一部分。

壁際写真奥から、アルバ・メイディランド、オレンジのバラはクラウン・プリンセス・マルガリータ。

低い位置にレディ・エマ・ハミルトン、アルバ・メイディランドを挟んでジュビリー・セレブレーション。

一番手前の鉢植えは、ドリフトローズ・アプリコットです。

これからどんどん咲き進んでくることでしょう!

アイスバーグも、高く誘引したところから咲き始めています。

アンブリッジ・ローズも一気に開花。

優しくて上品な花。

ブラン・ピエールとピエール。

手前の赤い蕾はプリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント。

デズデモーナも開花しました。

こちらはダーシー・バッセル。

隣り合わせで咲いています。

エグランタイン。

可愛いです。

ロアルド・ダールの蕾が膨らんでいます。

今週末から10日後あたりが、我が家の満開時になりそう。

そろそろ、オープンガーデンの招待状を作ろうかな。



よかったら、下のボタンのどれかをポチッと押してくださるとうれしいです↓

バラ園芸ブログランキング トイプードルブログランキング 人気ブログランキング 

0

◆次々と咲いてきました!

今年の開花は去年より遅いのですが、ようやく雪国にもバラ咲く季節がやってきました。

今朝のアンブリッジローズ。

出窓の下。

全体はこんな感じ。

上はブラン・ピエール・ドゥ・ロンサールです。

写真には写しきれませんが、すごい数の蕾!

こちらはブランじゃないピエール。

コロンコロンの蕾が可愛いです。

道沿いのボレロも開花。

甘く優しい香り。

クラウン・プリンセス・マルガリータも咲き始めました。

全体はこんな感じです。

うつむいて咲くので、もっと上に誘引すれば良かったかな。

玄関先のバフビューティも可愛い。

蕾の時は、クラウン・プリンセス・マルガリータとバフビューティって似てるかも。

なんて思うのですが、開花すると全然違います。

マルガリータは透明感のあるアプリコットオレンジで、花びらが多く花型が整っています。

バフビューティはクリーミーなイエローオレンジで、花びらはフワクシュという感じ。

どっちも可愛いです。

庭の緑が濃くなってきました。

草花も咲いてきましたよ。

丸くなる前のアリウム。

デルフィニウムやペンステモン、サルビア。

去年の秋から咲いているビオラ。

一株とはとても思えません!

雪の下で冬を越したビオラは強いです。

卯の花も満開が続いています。

この季節、庭で朝食をとるのが本当に楽しみ。

癒しのひと時です。



よかったら、下のボタンのどれかをポチッと押してくださるとうれしいです↓

バラ園芸ブログランキング トイプードルブログランキング 人気ブログランキング 

2+

◆今年最初に咲いたバラ。アンブリッジ・ローズ

今年も一番先に咲いたのは、アンブリッジ・ローズ。

大好きなバラです。

透明感のあるアプリコットカラーがとても綺麗。

華やかかつ清潔感のある香りも素晴らしい……。

次に咲きそうなのは、パウルクレー。

宿根草も咲き始めています。

オダマキ、ノラバロー。

後ろ姿で失礼します。

ホワイトバロー。

デルフィニウム、ギネバー。

卯の花は満開。

そうそう、あまりにもワサワサに茂ってしまうため、今年はごくコンパクトに剪定したアルバ・メイディランド。

剪定時はショボショボでしたが……。

今はこんな感じです。

このくらいのボリュームにしたかったので、剪定誘引は成功かな?

左下は裸苗で植えてから、2回目の春を迎えたジュビリー・セレブレーション。

蕾もたくさん。

満開が楽しみです!



よかったら、下のボタンのどれかをポチッと押してくださるとうれしいです↓

バラ園芸ブログランキング トイプードルブログランキング 人気ブログランキング 

4+

◆繊細なバラ、おおらかなバラ

どんなに遅く就寝しても、毎朝5時半には目覚めてしまう園芸シーズン(笑)

朝、庭にいると時間を忘れてしまいそうになるので、最近はタイマーをかけています……。

今朝も綺麗だったグリーン系のチューリップ。

このピンク系八重のチューリップは、今朝のニューフェイス。

去年の暮れ、裸苗で地植えにしたERの苗も元気です。

花壇のボスコベルは、底の穴を大きく開けた鉢に植えて高さを出し、アクセントにしています。

ジュビリーなど、うなだれるバラにもいいかもですね。

今年の3月に植え、どうなるかとすこし心配していたプリンセス・アンも生き生き。

よく言われることですが、発表年度の新しいERは本当に扱いやすいです。

おおらかなバラですね。

同じ条件で植えて、苗が成長していても、昔の品種はデリケート。

病気にかかりやすいし、それを防ごうと散布する薬剤にも弱いです。

新しい品種はビクともしない薬剤で、葉がチリチリになってしまうことも……。

うちでは、エグランタインやア・シュロップ・シャイアラドが繊細で気を使います。

エグランタインは地植えなので仕方がありませんが、ア・シュロップ・シャイアラドは大きな鉢植えなので、今シーズンは明るい軒下に移動させました。

雨に濡れなければ、病気の予防や治療の薬剤散布を抑えられるかなと。

今年は今の所、元気に葉を広げていますが、どうかなぁ……。

さて、今朝蕾を確認したバラです。

・つる春霞
・グラハム・トーマス
・サー・ジョン・ベッジャマン

つる春霞は今ひとつ蕾のつきが悪い気がして、気になっています。

これから挽回してくれるといいな。



よかったら、下のボタンのどれかをポチッと押してくださるとうれしいです↓

バラ園芸ブログランキング トイプードルブログランキング 人気ブログランキング 

7+

◆オダマキの種まき

晴天が続いて、バラや草花がどんどん成長しています。

昨日、今年初のチュウレンジバチを発見!

ボスコベルの茎にくっついているところを、とっさに指で弾き飛ばそうとしたくらい慌てました。

子供の頃から虫が大嫌いで、触るどころか直視もできなかった私が!

それほどに、にっくきチュウレンジバチ。

恨みを込めて、殺虫剤で退治しましたよ。

さて、今日はずっと先延ばしになっていた種まきをしました。

その時の記事はこちら。

◆西洋オダマキのタネ

密かに憧れているブロガーさんが、このオダマキをそれはそれは美しく咲かせていらっしゃったのです。

あまりの可愛らしさに感動。

以来、園芸店でずっと探していたのですが、苗は見つからず、諦めて種を購入することに。

しかし、どうやら難易度が高そうなのです。

友人や親戚にもあげたのですが、私よりはるかに園芸経験がある人達でさえ
「発芽しなかった」
と言っていた、オダマキの種。

園芸ビギナーの私が撒いても無理だろうなという予感はしていますが、昨年のうちにポットなども用意していたので、とりあえず挑戦。

サカタのジフィーポットと育苗トレイ、種まき専用土という手堅い線でチャレンジしてみました。

水も巻き終わって、こんな感じ。

アルメリアとミニバラの種も撒きました。

……それにしても、一袋、たったの5粒〜8粒しか入っていないのです。

土の上に置いたらどこへ行ったか見失うほど小さい種……。

先日の野良(?)オダマキが、もし溢れた種子から発芽したとしたら、ものすごいことだわと改めて思ったり。

種から草花を育てるガーデナーさんを、心から尊敬します……。

◆今日蕾を確認したバラ、続き。

・イブ・ピアッチェ
・トーマス・エイ・ベケット

この時点で、まだ蕾が確認できないバラがあります。

ちょっと心配。


軒下でくつろぐわんこ達。



よかったら、下のボタンのどれかをポチッと押してくださるとうれしいです↓

バラ園芸ブログランキング トイプードルブログランキング 人気ブログランキング 

0