◆アイスバーグが嫁ぎました。

今朝、我が家のアイスバーグがお嫁に行きました。

青空にそびえ立つアイスバーグの塔(笑)

大きく育った娘です。

嫁ぎ先は友人Yちゃんの家。

Yちゃんは、私がブログを書くきっかけを作ってくれた、先輩ガーデナー&ブロガーさんなのです。

とある事情で鉢上げしていたホワイトメイディランドと、先日ホームセンターから救済して来た見切り苗、ファザーズデイも一緒に嫁いで行きました。

右手前が、去年の春のホワイトメイディランド。

バラ好きさんのところにお嫁に行けて、本当によかった〜。

みんな、Yちゃんの家の広いお庭で綺麗な花を咲かせてね。



よかったら、下のボタンのどれかをポチッと押してくださるとうれしいです↓

バラ園芸ブログランキング トイプードルブログランキング 人気ブログランキング 

2+

◇今日のわんこ(寂しいくまちゃん)

仕事が間に合わないので、ジャマをするわんこを部屋の外にしめ出していたのですが……。

仕事が終わって部屋から出ると、ドアの前にひなお気に入りのぬいぐるみがポツンと落ちていました。

ひながここまで持ってきて置いたんだなぁ……。

ごめんね。

寂しかったんだね。

くまちゃんで遊ぼうか。(夜だけど)



よかったら、下のボタンのどれかをポチッと押してくださるとうれしいです↓

バラ園芸ブログランキング トイプードルブログランキング 人気ブログランキング 

3+

◆枯れ木に花? クレマチス/マクロペタラ ウェッセルトン

今朝はモコモコと雪が降っていたのに、日中は晴れ。そして夕方は雨風。夜はぐっと冷え込んで雪の予報です。

三月の降雪は想定内とはいえ、目まぐるしく変わる天候にため息。

暖かい日差しの中、葉を広げては雪に埋もれる庭植えの植物達に同情してしまいます。

先日植えたオダマキ。

頑張っています。

けなげ……。

それでもなんとか順調に芽吹いている我が家の植物達ですが、1つだけ気になっている苗がありました。

クレマチスのマクロペタラ ウェッセルトンです。

透明感のあるブルーの花、シフォンのドレスのような形がとても美しいクレマチスですが、残念ながらここに載せる写真がありません。

というのも、花後、ちょっと哀しい姿になっていた時に見つけて我が家に連れてきたからです。

世話は続けていたものの、なんだか難しい……。

それまでうちの庭に植えてあったのはどれも冬に強剪定できるクレマチスでした。

例えばこんな感じ。

冬には地際5センチまで切り詰めても、春には新枝を伸ばしてガンガン成長する仙人草。

夏には2メートルくらいの木を覆う勢い……。

地植えのバラを日陰にしてしまうほど育ったプリンセス・ダイアナとマダム・ジュリア・コレボン。

(樹勢が強すぎるので、どれもこの冬揃って庭植えから鉢上げしました)

ウェッセルトンのような旧枝咲きって、冬場はどうしたらいいの?

どこまで剪定したり誘引すればいいの?

と、迷っているうちに、すっかり枯れてしまった様子……。

ショックでした。

私は今年4回目の春を迎えるガーデニング・ビギナーですが、今まで幸運にもバラやクレマチスを枯らしたことは一度もなかったからです。

かわいそうで処分するのも忍びなく、枯れてるようなのに時々水やりなんかもして、そのまま春を迎えてしまったのですが……。

この間、ふとウェッセルトンを見たら、なんと枯れ枝に緑のふっくらした芽がついているではありませんか!

ええっ! 生きていたの⁉︎

と驚きつつ、よくよく確認すると、小さな芽がいくつも。

これが旧枝咲きってことなんですねえ。(結構衝撃)

購入時の小さな鉢のままで置いたことが急に申し訳なくなり、慌てて植え替えました。

これが、枯れ枝にしか見えない、今日のウェッセルトンの様子。(鉢増し後。またもやオースチンのポット再利用)

よく見ると、ほら。

ここにも。

支柱に巻き付いていた蔓や茎などは枯れているので、そこをチョンチョンと切ってみました。

慎重に触れないと、芽がついていてもポッキリ折れてしまいそう……。

寒風吹き荒れる庭で剪定すること20分。

雪が降るくせに花粉も舞っていて、鼻水涙目で辛い辛い。

誘引しながらクシャミでもしたら取り返しのつかないことになってしまいそうなので、とりあえず作業終了。

今日は仕事と用事で夕方ほんの少ししか時間が取れなかったので、天気の良い日に改めてそーっと誘引してみます。

本当に繊細な植物なのね……。

果たして我が家で無事咲かせることができるのでしょうか。

また報告しますね。

満開時の美しいウェッセルトンの画像、どうぞ検索してみてください←上級ガーデナーさん頼り(汗)



よかったら、下のボタンのどれかをポチッと押してくださるとうれしいです↓

バラ園芸ブログランキング トイプードルブログランキング 人気ブログランキング 

2+

◆プリンセス・アン裸苗植え付けと小径作り①

絶対に持ち上げられないと思っていた大きな庭石を、縄を駆使してなんとか移動させることができたので、空いた場所にバラ苗を植え付けました。

ERプリンセス・アンです。

去年、越後丘陵公園で見かけてから、ずっと欲しかったディープピンクのバラ。

色の変化が美しいグラデーションになって、とても華やかでした。

苗は今回も『小さな森』さんより取り寄せ。

オルレアの苗がおまけについていましたよ。ちょうどひとつ買おうと思っていたので、ラッキー♪

この間、ワイルド・イブと一緒に頼めばよかったなぁと後悔しつつも、あの時はまだ地植えできる場所が空くとは思っていなかったのでしかたないですね……。

立派な苗です。

以前は裸苗で植えつけることに不安があったのですが、今は、この立派な根を切らずに広げて植え付ける方が安心。

最初は成長がイマイチでも、根付いたらグングン育つように思うからです。

以前、ホームセンターで購入したER3本は、小さなプラ鉢に合わせて根をバッサリカットしてありました。

それだけが理由ではないと思うのですが、地植えした後も成長が思わしくなく……。

ちなみに、小さな森さんではこの根を切らずに15リットルポットに植えつけていました。

だからかどうか、こちらから購入した苗はどれも元気でよく咲きます。

それに、1つも癌腫にかかっていません。

癌腫については思うところがあるので、これもまたいずれ……。

ということで、植えつけ終了。

目立つ場所に植えたので、綺麗に咲いてくれるといいなぁ。

その後、小径作りを始めました。

まずはザッとレンガを並べてイメージをつかみ……。

レンガの半分くらいまで埋まる程度に土を掘り進めていきます。

シャベルではうまくいかず、鍬と小さなスコップで地道に掘り進めて行くのですが、これがまあ、こたえること……,。

掘り出した固い土はバケツに入れ、西側駐車場の向こうに植えてあるカイヅカイブキの根元に運びました。

結構、距離があるのです……。

猛烈なくしゃみ鼻水と戦いながら頑張りましたが(ひどい花粉症です)今日はここまでで精一杯。

明日からは天候が崩れるらしく、予報では何日か雪マークがあるので、晴れ間を見ながら少しずつ作業を進めようと思います。

先はまだ長い……。

ところで、小径のレンガにグレージュ色を選んだのには理由があります。

この写真でもわかると思うのですが、うちの庭は古いので庭石や石灯籠! などがあったりします。

カイヅカイブキやツツジが植栽してあり、玄関通路や軒下には石畳がある和風の庭がベース。

なので、ここにバラや宿根草を植えていく時には、どこかに少し和風テイストを取り入れる必用があります。

新築の家とまっさらの庭でガーデニングできたらどんなに楽しいだろうなぁと思うのですが、そうじゃないのだから仕方ありません。

でも、バラは古い家にも馴染んで美しい風景を作ってくれますよね。

それも、バラが好きな理由のひとつなのです。



よかったら、下のボタンのどれかをポチッと押してくださるとうれしいです↓

バラ園芸ブログランキング トイプードルブログランキング 人気ブログランキング 

1+